行こう!シカケン ロゴ行こう!シカケン
からだのための歯科定期健診推進委員会

「行こう!シカケン」
プロジェクトとは

私達フィードは、歯科医療関連用品等の販売事業を行っている企業です。この度、フィードでは「定期的に歯科医院に通うことで、健康に生活できる『健康寿命』を延ばせる」ことを社会に訴える継続的な広報活動を実施するため「からだのための歯科定期健診推進委員会」を立ち上げました。



そのプロジェクトの第一回目として「行こう!シカケンKiss編」と題した、啓発動画CMを制作し、SNSを中心としたメディアに大規模配信するべく準備を進めています。



今回の動画では、一般的に関心が高く、また虫歯がない人でも無関係ではいられない「口臭(歯周病由来)」に着目しました。彼女からキスの誘いを受けた男性がその口臭のひどさゆえに突き飛ばされてショックを受け、その口臭の原因は歯周病だと知り…、という展開で進んでいきます。



SNSを中心としたメディアで、なるべく多くの方に、特に今回は若い世代の人たちに、歯周病のリスクや定期的に歯科医院に通うことの重要性を広めるため、若い世代に人気のあるラップミュージックを活用しています。その軽快なリズムに乗せて、歯周病が糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などさまざまな疾患の発症・進行のリスク因子であることも含めて、たたみ掛けるようにメッセージを伝えていきます。



なお、今回の動画CMは、 コチラ からご自由にダウンロードいただけます。
今後も継続的に歯科の活性化を目的とした広報活動を続けていく予定ですので、是非ご期待ください。

CM出演者紹介

DOTAMA (ドタマ)



栃木県出身 / 術ノ穴所属 / 笑うバトルMC



力強く高い声、激しいステージ、 練られた歌詞で、独自のラップミュージックを表現する。



ULTIMATE MC BATTLEを筆頭に、MCバトルへ多数出場。
辛辣ながらユーモアのあるバトルを演出し、高いインパクトを残す。 コラ ボ作含め現在6枚のアルバムをリリース。



現在 映画『TOKYO TRIBE2』出演やTV朝日『フリースタイルダンジョン』など メディアに数多く出演し、その異端な存在は現在注目の的となっている。
DOTAMA

千倉里菜 (ちくら りな)


徳島県出身
ビーチウォーカーズ・マネージメント所属
女優・グラビアアイドル

◆ TVCM
・モンスターストライク
・ららぽーと
◆ TVドラマ他
・TBS「爆報!THE フライデー」
・今秋テレビ東京ドラマスペシャル「模倣犯」
・TBS火曜ドラマ「せいせいするほど、愛してる」
・フジテレビ「金曜日の聞きたい女たち」
・TBS日曜劇場「99.9 –刑事専門弁護士-」
・NHK大河ドラマ「花燃ゆ」
・TBS日曜劇場「ナポレオンの村」
・テレビ東京松本清張特別企画「共犯者」
・テレビ東京水曜ミステリー9「検事・沢木正夫3」
◆ EVENT
・2016年「ポルシェ・カレラカップ・ジャパン」イメージガール
◆ 映画
・先輩と彼女
◆ 舞台
・スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~
・へなちょこヴィーナス
・問題のない私たち
千倉里奈

歯科医療界が自ら発信する
現代的意味と方法

昨今、週刊誌や新聞にて歯科医療の過誤をただすかのような報道が見られます。例えば「歯医者は治療を長引かせ、なかなか通院が終わらない」「金儲けのための不要で危険な自費治療を勧めてくる」「コンビニより多い歯科医院は過当競争で生き残りのために倫理を失っている」などがよく見られる内容です。あるいは、「良い医院」「悪い医院」という図式を強調して歯科医療者同士の対立をも、あおっています。仮に一部は事実や論理に見るべきものがあったとしても、大局的に見て国民にとっても歯科医療者にとっても不利益であり、偏向した考え方が根底にあると申し上げたいと思います。



いまわが国の歯科医療についてあえて公論を問い、議論するならば、そのような非生産的なことではなく、「なぜ国民が日常的に歯科医院に通う習慣を持たず、重症化してから来院することが常識となっているのか」という一点に尽きます。その問題点に行き着かず、逆に、国民を脅かし、歯科医院から遠ざけようとする報道は不利益をもたらしています。



このような報道が生まれる背景として、社会の木鐸たる記者ですら無自覚にとらわれているバイアスが根底にあるものと読み取れます。すなわち「歯科医院との付き合いは人生においてできるだけ最小限かつ最低のコストであるべき」「歯科医院・歯科医療者は需要に対し過剰」というバイアスです。



これらのバイアスは、痛みのある虫歯の治療需要だけが歯科医療の需要だという「思い込み」、虫歯のない自分が毎日行くコンビニに比べると虫歯のある人が行く歯科医院が多すぎるという「錯覚」、そして、歯科口腔の全身健康に対する重要性の「過小評価」によって支えられています。科学的ではないが、非力でもなく、長年かけてわが国で育てられた強いバイアスなのです。 記者も読者も強いバイアスによって歯科医療が「他人ごと」になっているのは致し方ないとしても、歯科医療に携わる私たちにはどうあっても「自分ごと」であり、声を枯らして正しいことを訴えていかねばならないのだと考えます。



歯科医療の末席に連なるフィードも「通販のソリューションによって歯科医療の強靭な繁栄を支援する」という企業理念を掲げております。これは、歯科医療の繁栄が国民健康の増進に直結するという確信に基づきます。そして通販の効率的なビジネスモデルを磨きあげることで、単に歯科医院から収益を受けるのみならず持続的・共栄的な還元を行いたいという意思を表しています。すなわち、全国の歯科医院様からご愛顧をいただいているフィードがハブとなり、フィードの収益を使って、歯科全体のための広報活動をしたいと考えました。



訴えたいのは、すべての国民が月に1回、最低でも3か月に1回程度歯科医院に通院するということが、高齢化しているわが国の健康寿命を著しく向上させ、歯科の隠れた巨大な需要が正しく顕現し、一方では医療費の抑制に貢献するということです。長年それを訴えてこられた諸先輩とも連携し、あらためてこれまでと異なる方法でこれを訴えたいのです。



さて、自ら社会に発信を行いたいという場合に、問題となるのはコストと手段です。幸い、通信技術の発達によって、従来比でコストは低減し、手段は多様化しております。まずは発案者のフィードが身を切り、広報するための媒体を自主制作しました。慣れない取り組みで拙く感じられるかもしれませんが、継続的に取り組み、向上させてまいります。



次に、この広報媒体を広く周知させるための費用ですが、些少ながらフィードのこれからの販売収益よりねん出いたします。 これまで同様に「より良いものをより安く」を追求していきますので、特に、どちらで購買されても変わりのないものであれば、お値段と品質を確認の上、ぜひ一品でも多くフィードでお買い上げいただけますよう心よりお願い申し上げます。

直近一年間で歯科検診を
受けていない人の割合

「直近一年間に歯の健康診断を受診したことはない」という人の割合は、 日本では57.5%以上で、全体の半分以上が受診していない状況です。
これに対しスウェーデンでは32.4%、アメリカでは35.1%で、日本の受診率の低さが際立っています。



日本とスウェーデン、アメリカでは健診受診状況に大きなギャップがあり、 このギャップは、歯科医院にとってはもっと活躍するチャンスであり、 日本国民にとってはもっと健康になれる余地でもあります。



 n=各国の15〜69歳の1200人各年齢層の人口比でウェイトをかけた値を使用

出典:ライオン(株)調べ。「日本・アメリカ・スウェーデン 3カ国のオーラルケア意識調査 Vol.1」

グラフ 日本の歯科検診受診率の低さが
アメリカ、スウェーデンと比べて際立つ

フィードが目指す
「三方よし」のイメージ

フィードでは、日本全体の歯科健診受診率が上がることで
日本国民の健康寿命が延び(社会よし)、
これにより歯科医院がもっと社会に必要とされ活躍する機会が増え(歯科医院よし)、
そして歯科材料関連企業も商品供給等で歯科医院・社会をサポートする機会が増える(企業よし)、
という「三方よし」の形を作りたいと考えています。



この三方よしを、日本で初めてフィードが構想しえた理由は、
フィードが、歯科材料業界の中でも異端視され、排斥されている「通販」業態のパイオニアであり、
しかしながら、その業態のため地域を問わず、全国の歯科医院様との信頼に基づいた長期のお付き合いがあるからです。
フィードが、国内最安値を追求する商品開発を常時行っており、フィードのシェア拡大がそのまま歯科医院様の経営改善につながるという信念があるからです。
フィードが、独特の 企業理念 を持ち、その理念には、歯科医療が国民の健康寿命の延伸と国民医療費抑制に直結するという理解、「通販」という効率的な企業経営によって歯科医療に還元するという覚悟が埋め込まれているからです。

三方よし
0 円
2016年12月24日現在の広告配信予算

今回のプロジェクトにおける広告配信予算は、フィードが総力をあげてお値打ち商品を集めた「フィードの挑戦」掲載品等による売上の一部を充当して展開していきます。ぜひ歯科材料のご注文はフィードまで何卒お願い申し上げます。 また、特に本プロジェクトにご賛同いただける場合にはご協賛を承っております。皆様のご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

歯科材料のご注文はフィードまでお願いいたします

行こう! シカケン プロジェクト協賛金の募集もしております。
当プロジェクトへの協賛支援金のお申し込みはこちらから。

当サイトの推奨ブラウザについて

当サイトのご利用にあたっては、以下の環境を推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、
ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。

【Windows】 Internet Explorer9以降/Google Chrome最新版/Mozilla Firefox最新版
【Macintosh】 Safari最新版/Google Chrome最新版/Mozilla Firefox最新版
【iOS】 Safari最新版
【Android】 Google Chrome最新版
行こう!シカケンフッター